いつまでに飲めばいいか教えます!お酒の消費期限について

お酒の消費期限について【まとめ】

お酒は何十年前に造られた年代物がものすごい価値を持つことも多いけど、お酒の種類によってはちゃんと消費期限があって、その期限内に飲まないといけないものもあるんだ。

お酒の種類によっては、缶やボトルの裏側に消費期限が正確に明記されてるものもあるよ。
自宅にお酒を飲まないで放置し続けてると、いつの間にかその消費期限すら過ぎていて、お酒買取りに出すことができなければ美味しく飲むことができない。

泣く泣く捨てるだけになってしまう場合もあるから、消費期限についてはちゃんと気をつけておいた方が良いよね。

お酒には消費期限がない

普通消費期限と言うと、肉や魚、野菜などの生ものみたいに明確に消費期限が決められてるよね。
けど、お酒の場合は必ず全ての銘柄に消費期限が明記されているわけではないんだ。

明記されてるものの場合はそれを目安にしてOKだけど、明記が無いものの場合もお酒の種類によってある程度の消費期限がある。
簡単にまとめると、こんな感じかな。

お酒の消費期限目安

  • ビール:およそ9ヶ月
  • チューハイ:およそ1年
  • 日本酒:9ヶ月〜1年ほど
  • ワイン:およそ1年

特にワインについては、ものによってはヴィンテージとして何十年も熟成できるものもあるんだけど、デイリーワインは長期熟成に向いてないからこれくらい。

銘柄によっては消費期限(この期限までに飲まないと健康上問題が出る可能性がある)ではなく賞味期限(この期限までに飲まないと美味しく飲めない)が書かれてる場合も。

どっちが書かれているのか、期限の表記はよく読んでおいてね。
これを過ぎてると、お酒買取り業者では買取り不可になったり、品質低下で買取り金額が大幅に下がってしまう原因になってしまうんだ。

未開封の場合

特に未開封で、品質が低下しないように気温や湿度に気を遣って保管しておけば、お酒はだいたい1年前後は飲めるものが多いかな。

お酒にとっての天敵は酸素で、密閉された未開封状態なら酸素に触れる機会も少ないから、開封済みのものよりも長持ちするんだよね。

だから1年以内にそのお酒を開ける予定があるなら、お酒を保管しておくのに適切な冷暗所に丁寧に保管しておくのもおすすめ!

開封してしまった場合

もし開封してしまった場合は、その時点から酸化が始まってしまうから、出来るだけ早めに空けてしまってね!

とはいえ、ボトル1本を飲みきるのはかなり大変だから、その場合はしっかりと栓を閉めて保管しておくこと。

特にワインや焼酎、ウイスキー・ブランデーといったお酒の場合は、開封後なら目安として3ヶ月から半年くらいかな。
ただ、ビールやシャンパン、スパークリングワインはお酒の品質以前に炭酸が抜けてしまう速度がすごく早いから、開封後はお早めに。

もし飲みきれない場合は、料理酒としてアレンジする使い方を選ぶのもお酒を無駄にすることがなくておすすめだよ。

おすすめの記事